じかもり ZIKAMORI のご案内 Zikamori

  1. ホーム>
  2. じかもり

「じかもり」とは

じかもりとは、卓上にベースを使わないで、じかに生えてるように花を盛る。じかに盛ると言う意味合いからこう呼ぶようになった。
日本の土壌に芽生え、育った日本独自の卓上装飾である。

2代目継承者中瀬いくよが古典じかもりを指導いたします。
海外からもじかもり講習会を受けに来られるほど 小さなブームが始まろうとしています・・・
生け花と同様に日本独自のフラワーデザインがじかもりにはあるのです!
お花とお庭鑑賞がお好きな方に是非受けていただきたいクラスです。

Let's do ZIKAMORI! ご一緒に勉強しましょう!

会場は 谷中 木楽庵です
台東区谷中7−4−2
木楽庵教室です(花重から5−60M上野寄りになります)

2016年 12月17日(土)のじかもりレッスンより2016/12/17

盆上に菊鶴(オリジナル)を竹容器にアレンジし、じかもりの砂紋(霞型)で引き締めたお正月飾りです。
はじめての参加者は、じかもりの菊鶴を作り、和の雰囲気を楽しみました。年2回程のじかもりレッスンを楽しみにしている方が多いいようです。次回は是非古くて新しい じかもりレッスンにご参加ください
画像は、12月17日のじかもり一般向けのレッスン作品です。

過去の じかもり レッスン内容2016/01/30

じかもり ZIKAMORIレッスン         
@砂紋の知識
 じかもりの基礎パターンとルール
A灯篭のいろいろ
 灯篭を使用した庭園(昨年度終了)
B水辺の冬風景
C食材使用のお台盛り
 D名勝借景から
E自由課題/借景の再現
 砂紋と和色のZIKAMORI 枯山水究極の JAPANESQUE
 
レッスン代 1回/13000円
 (材料・テキスト・税・諸費込)

 ※修了時、ZIKAMORIアンバサダー認定試験有り

鎌倉光明寺2015/06/25

6月23日は
じかもり研究会にて それぞれの借景庭園を
テーマにレッスンしました。

M.Aさんの光明寺をご紹介します。
枯山水庭園で、外側の木々がパラレルに
茂っていた緑が印象的と、イメージを膨らませて
制作されました。

借景 竜安寺より2015/04/23

竜安寺 方丈より

低い土塀がこちら側とあちら側の境を仕切り
謎の多い石の気勢が感じられるような作品と
なりました
 
制作/道端・立本・相内・中澤

倉敷デモより 羽を休める菊鶴2015/02/15

モダンなステンレスの器に
小さな竹藪をつくり、そこに餌をつつく
鶴を表現

倉敷デモより岡山後楽園2015/02/15

岡山後楽園の借景作品
曲水を砂紋で表現し、
特徴ある刈込が印象的です。
1月には鶴も放たれるとか・・
きっと、ツツジの咲くころが美しいのでは?

食材使用の卓上じかもり2015/01/27

砂紋に胡麻
小石に黒豆
滝の表現には春雨
苔には青のり
橋、乱杭はゴボウを使用しました。

レッスンでは、
身近にある食材でミニ庭園を創作しました


1月 ZIKAMORIレッスンより2015/01/22

ピンポン菊で鶴を作りました
大輪菊よりもひとまわり小さく
可愛らしいです。

手脚首などのパーツの作り方をマスターすれば
ピンクッション、オーニソガラムなどのお花も
鶴に変えられますよ  

是非ご参加ください

ZIKAMORIレッスン風景2014/11/

ZIKAMORIアンバサダーをめざして・・
レッスン風景から
紅葉の枝を使用し、
各自テーマに合わせた橋・垣根などを選びます。

枝ものの裁き、花の凹凸付けも大事ですが、
ZIKAMORIは、最後の砂紋で作品がしまるのです。
皆さんの真剣さが伝わってきました。IN

11月18日の2点型のレッスン作品2014/11/

ZIKAMORIレッスンから

テーマは2点をつなぐ垣根・橋・ぼくなどを
使用し、砂紋で風景を完成します。
ZIKAMORI歴の長いAさんの作品です。
内庭が見える金閣寺垣をチョイスし
霞紋で整えました。

ZIKAMORIレッスン2014/10月

ZIKAMORIアンバサダー認定を目指して
トガマ・水紋の練習より



モダン砂紋夏期レッスンから

市松模様に砂紋を描く
じかもり研究生の作品

アレンジメントと足元を
融合させて物語を創る
JAPANESQUE

砂紋

厳島神社
幻想的に表現

幻想砂紋

食材亭
ごま、ごぼう、豆
等の食材を使用した
ZIKAMORI

群鶴飛翔 No5

BYOMBO
琳派の屏風から
鶴が夕暮れ時に草むらで
戯れて・・

砂紋とギガンジューム

白と黒の詩

スクールに関するお問い合わせは・・・

老舗花重内 東京フラワーデザインセンター TEL:03-3822-1313(直通)

メールでのお問い合わせ

フラワーアレンジメント・スタンド花・演台花 株式会社 老舗花重 OPEN: AM9:00〜PM6:00 / 火曜定休日(年末・年始は除く) 〒110-0001 東京都台東区谷中7-5-27  TEL:03-3822-2751 / FAX:03-3822-2754